小児矯正

小児矯正について

小さいうちに始める矯正は、なるべく歯を抜かないための矯正治療です。治療の段階は歯が並ぶスペースを作る治療(1期治療)とその後の仕上げ治療(2期治療)に分かれます。

1期治療

対象期間:4,5歳から12歳頃まで

この時期は永久歯が並ぶスペースを作る矯正になります。上顎に取り外し可能な装置や、ワイヤでできた装置を使って行い、歯の並ぶスペースを作っていきます。(歯の表には装置はつけません(外から見えない))

2期治療

対象期間: 13歳以降(永久歯に全て生え変わっている状態)

この時期は、一般的な矯正治療になります。歯の表面にブラケットという装置をつけて歯を並べます。歯のガタガタがひどい時は、永久歯を抜いて並べる事もあります。(ケースによります)

ご相談・料金について

矯正治療は始める時期や通院の頻度によって、費用は人それぞれとなります。当院は矯正のご相談を初回無料でやらせていただいております。不安なこと、分からないことなどお気軽にご相談ください。

治療のおよその流れ

1期治療

①矯正用模型の型どり・口腔内写真・レントゲン撮影

採取した試料をもとに矯正診断し、治療計画を立てます

②拡大床セット

矯正診断で拡大床が必要になった場合、上の歯に拡大床をつけます。

③セパレーターセット

上下左右4か所にゴムを入れ、スペースを確保します。

④バンドセット

上下左右4か所のスペースの空いた歯に金属のバンドをはめます。

⑤3Dリンガルの型どり・セット

裏側に矯正器具を装着します。

⑥1~2か月おきの調整・歯ブラシ指導・フッ素塗布

麻酔をして乳歯を抜歯する場合もございます。

2期治療

①3DQ型どり・セット・調整

上下裏側に装着していた矯正器具を違うタイプのものに変えます。

②バッカルチューブセット

ブラケットをつけるための下準備をします。

③上下ブラケットセット

歯の表面に金属のブラケットをつけていきます。

④1か月おきのワイヤー交換

表面につなげているワイヤーの交換、調整をします。

⑤バンド除去

1期治療でつけたバンドを外します。

⑥リテーナー型どり・セット

矯正用のマウスピースを装着します。

⑦ブラケット除去

表面につけているブラケットを外します。

⑧1~3か月おきの歯ブラシ指導・フッ素塗布

かみ合わせ調整のために歯を削る場合がございます。

※治療内容が変わる場合もございますのでお気をつけください。ご不明な点がございましたら、お気軽にお申しつけください。