子どもの治療

小さいお子さんをお連れのお父さん・お母さんへ

当院では、3歳までのお子様には、治療を無理強いすることはありません。
幼少期の経験は、良くも悪くも将来的に影響を与えてしまうことがあります。その結果、治療ができず必要な治療を損ねてしまう可能性があるからです。
当院では、お子様が歯科医院の雰囲気に慣れていただくまで、じっくりとお待ちします。そして、治療を受けたお子様には「よくできたね、頑張ったね!」と思い切り褒めてあげ、達成感を味わえるようにしています。

子どもの治療で気をつけていること

(たとえば、「仕上げ磨きをしっかりと」や、見本となるように歯磨きをしっかり行う、定期的に歯医者さんに連れていく…など)

お父さんお母さんが、まずは、ご自身で歯科検診を受診してください。
お子様が、お母さんお父さんの受診風景を見ることで「歯医者は痛くないんだな」と思い、歯科医院への恐怖心が払拭されます。

歯医者嫌いな子ども

歯医者嫌いなお子様は、以前に歯医者で怖い思いをしたとか、何らかの原因があると思います。
当院では、嫌がっているお子様に無理に治療を行うようなことはいたしません。まずは、時間がかかっても当院やスタッフの雰囲気に慣れていただくことが大切です。
最初は、治療よりもフッ素の塗布や歯科検診で来院していただくことがベストでしょう。

仕上げ磨きが必要な年齢

お子様自身で「自分の名前が丁寧に書ける」くらいまでは、お母さんお父さんの仕上げ磨きは必須です。時間をかけ、奥歯のすき間などのポイントを抑えて、しっかりと行いましょう。
就寝前は必ずお父さん・お母さんが仕上げ磨きを行うようにしましょう。

子供の矯正について

小児矯正には、4歳~11才までの一期治療と永久歯が生えそろった後の二期治療があります。

一期治療では顎の骨を整え、大人の歯がしっかりと並ぶことができるようにする矯正を行います。

二期治療では、全顎的な矯正装置を使って不正咬合を整える矯正を行います。

永久歯が生えそろう前に矯正を行うことで、将来の抜歯の可能性が減る・外科矯正の可能性が減るなど様々なメリットがございますので一度お問合せください。